mikiyan1978’s 脱獄情報日記

脱獄に関する情報を発信します

Could not open file/var/lib/dpkg/status - open (2: No such file or directory) The package lists or status file could not be parsed or opened.というエラー回避方法

このようなエラーの回避方法を紹介します。

iFile、Filza File Managerがある場合の回避方法です。

まず下記のリンクからzipファイルをダウンロードしてiFileかFilza File Managerで開いてください。

https://app.box.com/s/5of6yzfh2xhjvvrdh1e6qcl1pi8e4dte

そしてそのファイルを解凍します。解凍はiFileでやるよりFilza File Managerの方が早いですね。Filza File Managerで解凍した場合はlibフォルダーの中に更に目的のlibフォルダーが現れますのでそのフォルダーをコピーして下さい。iFileで解凍した場合は現れたlibフォルダーをコピーで構いません。

するとlibというフォルダーが現れます。

このlibフォルダーをコピーします。そして

/var

このディレクトリに貼り付けます。

iFile、Filza File Managerでの作業は以上になります。

あとはRespringしてCydiaを起動し通常通りインストール出来るか確認して下さい。

次はiFile、Filza File Manager、iOS Terminalが無い場合の回避方法です。

まずパソコンでiFunBoxとCydia impactorというツールをインストールして下さい。

次にパソコンで下記のリンクからiOS Terminalのipaファイルとlib.zipをダウンロードして下さい。

iOS Terminal:

https://app.box.com/s/wqclva2na6h11bunssw0b85w8si2ay5y

lib.zip:

https://app.box.com/s/5of6yzfh2xhjvvrdh1e6qcl1pi8e4dte

lib.zipファイルは解凍しておいて下さい。libというフォルダーが現れます。

できましたらiFunBoxを開きlibフォルダーを次の場所にコピーして下さい。

/var/mobile/Media/Books

次にCydia impactorを開きiOS Terminalのipaファイルをドラッグ&ドロップします。そしてApple IDを入力して署名します。できましたらiFunBoxでそのiOS Terminalのipaファイルを端末へインストールして下さい。

次にインストールされたiOS Terminalを起動して下記のコマンドを実行します。

su

alpine(パスワードを変更していない場合はこれになります。変更している場合はそのパスワードを入力します。)

cp -R /var/mobile/Media/Books/lib /var

最後はリターンキーを押します。

作業は以上です。

あとはRespringしてCydiaよりインストール出来るか確認して下さい。

質問がありましたら下のLINE追加ボタンより追加して下さい。 友だち追加

Twitterやってます。

オマケのカスタム検索です。

強制アップデートのアラートを回避する方法

今回は上記のLINE Qアプリのようにアップデートをしなければプレー出来ないアプリの強制アップデート回避方法を紹介します。

※AppStoreアプリは何万とリリースされており、事実上、全てのアプリで回避できる事を確認していません。

使うもの:

iFileまたはFilza File Manager

あると便利なもの

Icon Tool(有料)/アプリのDataやBundlesに簡単にアクセスできる

App Admin/ダウングレードTweakで今回書き換えに必要なバージョンやsoftwareVersionExternalIdentifierの値を簡単に確認できる

では早速参りましょう。例として上記のLINE Qアプリを回避してみます。

まずLINE Qアプリのlineqna_release.appがある段階にiTunesMetadata.plistというファイルがあります。このファイルをプロパティリストビューで開きます。この時App Adminを使って最新バージョンとsoftwareVersionExternalIdentifier(バージョンの下に書いてある数値)を確認しておきます。

そして

CFBundleShortVersionStringの項目を最新バージョンに書き換えます。

同じくsoftwareVersionExternalIdentifierの項目も最新バージョンに書き換えます。上記の画像だと

softwareVersionExternalIdentifierは3.3.1→3.4.0

CFBundleShortVersionStringは819642628→819649859

となります。

次にlineqna_release.appフォルダーの中にあるInfo.plistというファイルをプロパティリストビューで開きます。

ここも同じくCFBundleShortVersionStringのバージョンを最新バージョンに書き換えます。

以上で書き換え作業は完了です。あとはRespringして下さい。これでアップデートアラート回避ができているはずです。

質問がありましたら下のLINE追加ボタンより追加して下さい。 友だち追加

Twitterやってます。

オマケのカスタム検索です。

アカウントを切り替える方法

今回は本垢とサブ垢を簡単に切り替える方法を紹介します。 既にSlicesというTweakがありますがセーフモードに入ったりと安定しないので今回は 361一键新机(MultiAccount Master)-最强大的傻瓜式改串软件 という脱獄アプリを使います。 Cydiaよりインストールして下さい。

361一键新机(MultiAccount Master)-最强大的傻瓜式改串软件を起動して下の真ん中のボタンをタップします。

そしてアプリを選択します。例としてグラブルでやってみましょう。

中央部の「操作」の真ん中をタップすると今現在のグラブルのアカウントが保存されます。ここで保存されたアカウントをタップするとリネーム出来ますので分かりやすい名前にしておく事をオススメします。

保存されたら上の赤文字をタップします。するとログアウトします。ログアウトしたあとグラブルを起動してサブ垢を登録します。登録出来たら361一键新机(MultiAccount Master)-最强大的傻瓜式改串软件を起動して同じようにサブ垢を保存します。あとは切り替えたいアカウントをタップして1番上の赤文字をタップすると切り替わります。

質問がありましたら下のLINE追加ボタンより追加して下さい。 友だち追加

Twitterやってます。

オマケのカスタム検索です。

Polusのカスタムアイコンの作成方法

Polusでアプリ起動させる為の設定をする際、そのアプリのアイコンがデフォルトになってしまいます。そこで下記の画像のようにカスタムアイコンにする方法です。

まずはじめにCydiaから Polus Extra Apps Glyph Pack これをインストールします。

次にiFileで /Library/Polus/Glyph Packs/ExtraApps.bundle/ ここにアクセスします。

そしてここにアプリアイコン画像を配置します。 画像サイズは88×88にします。 この時ファイル名はアプリのBundle Identifier+@2x.pngとします。 例:LINE jp.naver.line@2x.png

作業は以上です。あとは設定アプリをタスクから終了させて適応させて下さい。 LINEの画像がうまく適応させられない場合は /Library/Polus/Glyph Packs/Default.bundle ここに同じファイル名の画像があり被ってしまう為です。 ファイル名を他の名前に変えるか削除して下さい。

質問がありましたら下のLINE追加ボタンより追加して下さい。 友だち追加

Twitterやってます。

オマケのカスタム検索です。

Activatorアプリが日本語から英語になってしまった時の解決法

iOS9.2以降で脱獄した際に設定アプリからActivatorを見ると日本語なのにActivatorアプリから見ると英語になる状況となる場合の解決法です。 結論から言ってしまうと、Stashing for iOS 9.2 - 9.3.3という/ディレクトリの空き容量をStashingする事で確保するTweakをインストールしたあとに起きる現象でActivatorの場合、日本語化ファイルがシンボリックリンクが作成されず英語になってしまうようです。 解決法は至って簡単で

/ApplicationsにActivator.appがあるのでその中のja.lprojというフォルダをコピーして /var/stash/appsstash/Activator.appの中にペーストして下さい。あとはRespringすればアプリ側のActivatorも日本語化されます。

/Applications/Activator.appフォルダの中にあるja.lprojフォルダをコピーして

/var/stash/appsstash/Activator.appフォルダの中にペーストして下さい。

質問がありましたら下のLINE追加ボタンより追加して下さい。 友だち追加

Twitterやってます。

オマケのカスタム検索です。

WinterBoardでキーボード音を変えるテーマの作成方法

WinterBoardはアイコンなどを変更するTweakですが本来はあるファイルを差し替えるTweakです。 今回はキーボード音を変えるテーマを作ってみましょう。

使うもの iFileやFilza File Manager

まず /Library/Themes ここにアクセスし新規フォルダを作成します。ここでは キーボード.theme というフォルダを作りましょう。画像では笑点になってますが気にしないでください笑 そしてその中に UISounds というフォルダを作成します。 出来ましたら、この中に元となる音楽ファイルを配置します。 配置出来たら Tock.caf というファイル名に変更します。以上で完了です。 あとはWinterBoardで適応させるだけです。因みにAnemoneを使ってる方も同じく適応させられます。 質問がありましたら下のLINE追加ボタンより追加して下さい。 友だち追加

Twitterやってます。

オマケのカスタム検索です。

FLEXibleを使ったTweak作成方法

今回はFLEXibleという脱獄アプリを使い、簡単なTweak作成方法を紹介します。
Theos構築〜ビルド、インストールまでは割愛します。ご了承ください。

FLEXibleを使うのでCydiaよりインストールしておいてください。インストール完了しましたら、設定アプリからFLEXibleを選択します。


image

そしてアプリのメソッドを特定したい場合は「Enabled Applications」からアプリを選びスイッチをオンにします。


image

image

そして前の画面に戻り「Respring」をタップして適応させます。
ホーム画面(SpringBoard)の場合は「Enabled on SpringBoard」のスイッチをオンにします。そしてRespringして適応させます。すると


image

画面のようにFLEXibleのtool barが表示されます。ここまで出来れば準備はOKです。
それではTweak作成に行きましょう。
例えばDockのボカシを消したい場合の操作方法です。tool barの「select」をタップします。


image

このようになります。この状態から更にDockの背景部分をタップします。


image

するとDock部分が囲まれました。更に「view」をタップします。


image

こんな画面になりました。これはその画面で使用されてるクラスの一覧のようなものだと思ってください。そしてグレーになってるクラスの右にあるiマークをタップします。


image

こんな画面になりました。次に「preview image」をタップして消したいものなのかを確認します。


image

この場合はアプリまで表示されています。これだとアプリまで消えてしまうので探してるクラスではありません。なので前の画面に戻り、上の方にある「SBDockView」というクラスのiマークをタップします。そして同じく画像表示させて確認します。


image

このような画像が表示されたらOKです。まさにこの画像がDockの背景部分です。これでひとまずクラスが特定出来ました。
前の画面に戻り下にスクロールさせると「IVARS」という項目があります。これはSBDockViewクラスで宣言されているポインター変数です。この中のそれっぽいものが、
UIImageView *_backgroundImageView
これになります。同様に画像確認しておきます。先程と同じ画像ならこのポインター変数がDock背景画像となります。
image



次にTweakを作成するのですが、今回のような何かを消す又は非表示にするといったTweakの場合は、
-(void)layoutSubviews
というメソッドが使えます。
それとこの背景画像はUIImageViewなので本来はこのクラスをhookしなければいけません。そこで便利なのが
MSHookIvar
これです。Tweakを作ってる方なら大体の察しはついているかとは思いますがこの背景画像はUIImageViewでポインター変数を定義しています。この変数をhookして非表示にするという事ですね。まあ難しい事は置いといて、取り敢えず$THEOS/bin/nic.plからTweakでプロジェクト作成し、Tweak.xmを編集しましょう。
ここに記述するコードは
image

こんな感じになります。
書けましたらビルドしてdebファイルをインストールしてRespringしてみましょう。Dock背景が消えて透明になっていれば成功です。
FLEXibleを使ったTweak作成はだいたいこんな感じで進めていきます。
他にもメソッドを任意に呼び出したりする事もできます。気になるメソッドがある場合、呼び出して動作確認するといった使い方もありますね。

2016/2/29

追記:このコードを簡略化した物が下記になります。
私のiOS9.3.2の環境で上記のコードでは動作しませんでしたので こちらのコードを使用して下さい。 https://ghostbin.com/paste/xs2g5
質問がありましたら下のLINE@ボタンより追加して下さい。
友だち追加

Twitterやってます。


オマケのカスタム検索です。